毛糸と織り

スポンサーリンク

人類が衣類として使用してきた素材で最も古いのは、現在でも広く利用されているリネン(亜麻布)で、約3万年前のものがグルジアの洞窟で発見されている。

AFP 世界最古の繊維を発見、グルジア

カウナケス

スーツの素材として使用されている羊毛は、リネンの次に古く、紀元前4000年頃のメソポタミア文明では、すでに毛織物が貿易の商品として扱われており、牧羊は紀元前6000年頃から中央アジアで始まったとされる。

初期メソポタミヤ文明を築いたバビロニアのシュメール人が着用している腰布は、カウナケスと呼ばれており、羊毛を束ねて房のようにした毛織物で、ウールは衣類として利用されてから5000年以上の歴史がある。

ウールの構造

羊毛の成分はケラチンというタンパク質で、表皮部分(スケール)と皮質部分(コルテックス)から構成されている。

羊毛

スケールは「うろこ状」になっており、コルテックスを構成する細胞は二層構造で、アルカリや酸、温度などに異なる反応を示す性質をもっており、成長速度も異なっているため、「クリンプ」という組織が螺旋状に縮れた状態になる。

うろこ状のスケールには撥水性、コルテックスには吸湿性、クリンプには伸縮性・保温性・断熱性があり、これらウールの特徴が衣類として重宝される所以でもある。

スケールは水滴などを弾く一方で、大気中の湿気は浸透する性質があり、コルテックスは湿度60%を超えると放湿し、下回ると吸湿するという調湿性がある。
また、ウールは水分と窒素を多く含む難燃性の素材で、空気中の酸素濃度「20%」に対し、ウールが燃焼を続けるには「25%」の酸素濃度が必要なため、ウール単体では着火しても燃え続けることができず、この特性を活かして断熱材や消防服などにも使用されている。

毛糸ができるまで

羊は皮脂からラノリン(蝋)を分泌して毛や表皮を保護しているため、刈り取られた羊毛にはラノリンのほか不純物が混じっているため洗浄が必要になる。

選別

羊から刈られた毛は、繊維の太さや長さが様々で、不純物も混入しているため、熟練した人の手で選別が行われる。

スカーリング(洗毛)

選別された羊毛を、石鹸ソーダで洗浄し、脂や土砂を取り除く。

カーディング

洗い上がった羊毛を、からなまいように油をかけながら、表面に針を植えた大小のローラーに通して、繊維1本1本ほぐして薄い毛の膜を作る。 SPIRA 1 薄い毛の膜を束ねてロープ状にしたものが「スパイラー(Spira)」。

コーミング

スライバーを6~10本組み合わせ、インターという針の植えられた櫛でけずり、引き延ばしながら細くし、均一な太さに整える。 sliver wool 1 次にコーマという細くたくさんの櫛のついた機械にかけ、短い繊維や不純物を取り除き、繊維がきれいに揃った「スライバー(Sliver)」にする。

ウールトップ

コーミングが終わったスライバーを巻き上げたものがウールトップ。 wool top
このウールトップを紡いだり、撚りをかけたりして糸にする。

染色

生地の染色には主に3種類ある。

トップ染め(先染め)

ウールトップの状態で染色する。 「霜降り」と呼ばれるグレーの生地は、黒と白のトップ染めされた繊維を合わせることで、濃淡のある微妙な色合いを出すことができる。

糸染め(先染め)

糸の状態で染色するため、糸は単色になる。

反染め(後染め)

反物の状態で染色するため反物は無地になる。
ウールとポリエステルでは染料がことなるため混紡素材は2回染色が必要。

糸の種類

「糸」は繊維を撚り(より)合わせたもので、繊維に撚りをかけるとこで、均一性・収縮性・柔軟性・光沢などの効果が得られる。 糸(ヤーン [Yarn] )には、短繊維(ステーブル)を集めた 「わた」に撚りをかけて長くした「スパン糸」と、長繊維(フィラメント)を数十本撚り合わせて1本の糸にしたものが「フィラメント糸」がある。 天然繊維の綿、麻、羊毛からできるのはスパン糸のみで、ナイロンやレーヨンなどの合成繊維のほか、天然繊維ではシルクのみがフィラメント糸になる。 紡績するときに2種類以上の繊維を混ぜ合わせて紡績した糸が混紡糸。
紡績するときに1種類の繊維で糸を作り、その後、他種類の糸と撚り合わせて作った糸を交撚糸(こうねんし)という。

梳毛糸 (そもうし) – ウーステッドヤーン

羊などの原毛から長い繊維を取り出し、撚りをかけて単糸を作り、その単糸を撚り合わせて双糸にしたもの。 「長めの原毛を梳く(すく)」ことから「梳毛」といい、細くて糸の太さが均一で固く締まった感じを持つ毛羽の少ない糸。 ※ここでの「長い繊維」は短繊維の中で長いという意味であり、長繊維(フィラメント)ではない。

紡毛糸 (ぼうもうし) – ウーレンヤーン

梳毛にかかりにくい短い繊維や毛糸屑などを一度繊維の状態に戻し、原料を混ぜ合わせ、撚りをかけて単糸にしたもの。
「短い繊維を紡いでいく」ことから「紡毛」といい、梳毛糸に比べて太く、表面の毛羽が多く、ツイードやフラノなどが代表。

撚り

繊維を撚って1本の糸にした状態が「単糸」 「単糸」を2本撚り合わせたものが「双糸」 糸に撚りをかける場合、単糸の場合には通常 左撚り(Z撚り)で、単糸を2本撚り合わせて双糸とする場合は右撚り(S撚り)になり、撚りの強弱によって糸の風合いが異なってくる。 s and z twist 「S撚り」と「Z撚り」を比較した場合、「Z撚り」の方が「S撚り」に比べ、撚りがきつくなる。 スパン糸の場合、通常1インチ(2.54cm)間に18~21回ほどの撚り数である。
撚りが18回以下のものは糸に柔らかさが出て「甘撚り」といい、撚り回数を多くし、シャリ感、コシをもたせたものが 「強撚糸(きようねんし)」。

糸の単位 と Super 100s

「糸の単位」は重さあたりの長さとして算出するものと、長さあたりの重さから算出する方法がある。

毛番手(メートル番手)

主に梳毛糸に対して使用される単位で、糸の太さが細くなると番手が上がる。 1000g(1kg)あたりの長さが1000m(1km)のものが「1番手」 1000g(1kg)あたりの長さが50,000m(50km)のものが「50番手」

デニール

絹糸(フィラメント糸)の太さを表す単位で、フィラメント1本や繊維1本の太さを表す場合にも用いられ、糸の太さが増すとデニール数も増加する。 9000m(9km)あたりの糸の重さが1gのものが「1デニール」 9000m(9km)あたりの糸の重さが10gのものが「10デニール」

Super100’s

高級生地の指標になっている「Super100’s」は「100番手の糸」ではなく、毛番手とは全く尺度の異なった表記になる。 Super100’s : 糸を構成している繊維の太さが 18~18.9ミクロン。
Super150’s :糸を構成している繊維の太さが 15~15.5ミクロン。 「80番手」は糸の太さが17.7~19.1ミクロン なので、Super100’s は 80番手の糸とほぼ同じ。 天然繊維で最も細いシルクは11ミクロンで、17~21ミクロン以下の細番手のもはファインウールと呼ばれている。

ハイグラルエクスパンションと縮絨

ウールのコルテックス(皮質部分)には調湿性があり、コルテックスの二層構造により構成されるクリンプには伸縮性があるため、ウール素材の生地は湿度に応じて伸縮し、この吸湿して伸び、脱湿して縮む現象をハイグラルエクスパンションといい、IWS法という試験法で測定された緩和収縮率は、トロピカルやサキソニーで4~6%、ギャバジンで6~8%になっている。

ハイグラルエクスパンション現象について(PDF)

毛織物はハイグラルエクスパンションがあるため、サイズに許容範囲誤差がJIS規格で認められているが、「ハイグラルエクスパンション現象について」に記載されているとおり、緩和収縮率が4%の毛織物の原反を裁断して着丈80cmの上衣を縫製すると、1.6cmの誤差が生じてしまう。

緩和収縮率が3%を超えるとスーツの場合は袖丈や着丈で1cm以上の誤差が生じる可能性があるため、多くのスーツ地は織物の長さや幅を縮小して織り目を詰めることで、締まりがあり緻密(ちみつ)な風合いの生地にする「縮絨(スポンジング)」という加工をして緩和収縮率を下げている。

また、縮絨されていない生地でも、湯気をあてシワを伸ばしたり巾を整える「湯のし」をいう作業で行うことで、シワになりにくく、緩和収縮率を低減することができる。

三原組織 ( さんげんそしき )

織物の基礎となる3種類の織

平織

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に浮き沈みさせて織る、最も単純な織。
丈夫で摩擦に強く、織り方も簡単なため、広く応用されている。

綾織

三本以上の経糸・緯糸から構成される織。斜文織(しやもんおり)とも呼ばれる。綾線と呼ばれる線を斜めに表すのが特徴。
地合は密で柔らかく、伸縮性に優れ、皺がよりにくい。

朱子織

五本以上の経糸・緯糸から構成される織。経・緯どちらかの糸の浮きが非常に少なく、経糸または緯糸のみが表に表れているように見える。
密度が高く地は厚いが、綾織よりも柔軟性に長け 光沢が強い。

代表的な織

c017b4efcccc2f14fe3a2ae847f66bdc トロピカル
表面の毛羽がなく、平織りでサラっとした手触りが特徴の夏物素材。
羅紗屋では「トロ」と呼ばれていたりする。
723337e6c0ee900960cc8e34b6b3c310 ギャバジン
耐久性・保温性に富んだ綾織でバーバリーが発明したもの織物。
急角度に表れた編目が特徴。
b0e795fa55fc1c95bf0de81ebd738057 サージ
綾織りで左から右上へ45度の角度で斜線が入っている。
表面仕上げに毛羽を残したものとクリアーカーペットしたものがある。
c336be516367143c5b48cf76fbdf34b0 ベネシャン
朱子織で経糸 ( たていと) の密度を多くして織られるため、全面が経糸で覆われ 緯糸 ( よこいと )は表面から見えず急角度の綾線が現れる。
5dd92d20d048d6961f0d53922ca000a5 サキソニー
良く縮絨された綾織物で、高級感のある表面が特徴。
b0e795fa55fc1c95bf0de81ebd738057 バラシャ
織り方は鎖織、表面にはヤスリ目状が現れて見える。
ざっくりとした風合いの夏向き素材。
2cd02fd716bb30c94a4c1baa37a799db タッサー
本来はシルクの織物。
緯浮きが多く綾目のないヤスリ目の細かい目風が特徴。

代表的な生地の柄

チョークストライプ

白いチョークで線を引いたように見える、少しぼやけた輪郭の縞柄。

ペンシルストライプ

鉛筆で線を引いたようなライン。単色で細く狭い間隔の縦縞柄。
チョークストライプより細く輪郭がはっきりしている。

ピンストライプ

ドッテッド・ストライプ、ピンポインテッド・ストライプ、またはピンヘッド・ストライプともいわれる。ピンの頭のような点を連続させた縞柄。

オルタネイトストライプ

オルタネイトとは「交互の」「ちぐはぐな」などという意味で、交互縞、2種類の異なった縦縞が交互に通っている縞柄。

ダブルストライプ

同じ縦縞が並んで通っている縞柄。

シャドーストライプ

一見無地に見えるが、光の具合によってトーンを落とした影の縞が浮かんでくるシックなストライプ。

ヘリンボーン

魚のにしん(ヘリン)の骨(ボーン)という名のストライプ。
クラッシックなファンシー柄で、杉織ともいう。

ピンチェック

ピンヘッドチェックともいわれる。ピンの頭を並べたような細かい格子。

グレンチェック

グレナカートチェックというのが正式な呼称。千鳥格子とヘアラインを組み合せた格子柄。

ウインドウペイン

ウィンドペインとは窓ガラスのことで、細い線で窓枠のように四角につくられた格子柄。

ハウンドトゥース(千鳥格子)

ハウンドトゥースとは「犬の牙」の意味で、このチェックを構成している柄が犬の牙に似ていることからついた呼称。日本では千鳥格子という。
基本は黒と白、または茶と白の2色の組み合わせ。

バーズアイ

鳥の目のような丸い点を並べた、落ち着きのある柄。

ホームスパン

粗くて堅い手触りが特徴。
ざっくりとした手織りの感覚を大切にしたツィードの一種。

マイクロチェック

チェック柄の中でも格子がごく小さなもの。


関連記事

毛糸と織り

人類が衣類として使用してきた素材で最も古いのは、現在でも広く利用されているリネン(亜麻布)で、約3万年前のものがグルジアの洞窟で発見されている。 AFP 世界最古の繊維を発見、グルジア スーツの素材として使用されている羊 […]

生地の素材と特徴

「仕立て映えがする」という表現がある通り、使用する生地によって同じ仕立てでも見栄えに差が生じることがある。スーツの見栄えは、素材の善し悪しだけで決まるわけではないものの、重要なポイントであることに変わりはない。 スーツを […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生地と素材
MEN'S SUITS GUIDE
タイトルとURLをコピーしました