スーツの制作

スポンサーリンク

スーツに限らず、服飾はデザイナーが作成したデザインを元に、パタンナーが標準となる型紙を作成し、型紙からサンプルを作って ああだこうだ とやりあってから、標準体をベースにサイズ展開を行い、製造に取り掛かる。

敢えて揶揄するなら、デザイナーは夢見がちな理想論者、パタンナーは頑張り屋のリアリスト、製造現場は融通が利かない偏屈屋 と言った感じ。

トワル(シーチング)

デザイナーが作成したデザイン画や製品の写真、指示書などから、パタンナーはCADを使用してパターンデータを作成した後、シーチングを使用して立体裁断を行い、トワルというサンプルを作成する。

シーチング

シーチングは平織りの未晒し生地で、シーチングを使用して仮縫いをしたものをトルソーに着せ付け、トワルチェックというイメージの確認を行い、必要に応じて修正と確認が繰り返される。

cad operator

トワルチェックでOKがでたら、立体のサンプルを平面図にしてCADで型紙が作成される。

グレーディング

基本となる型紙が作成されると、次はグレーディングというサイズ展開が行われる。
スーツの場合はサイズだけでなく、体型別のサイズ展開が必要になる。

体型

グレーディングは同ピッチで変化していくものが多いが、人の身体は同ピッチで変化するものではなく、痩身体や肥満体など標準体から離れるほど、同ピッチだと人の身体に合わなくなっていくため、パターンによって展開する体型に制限を設けたり、ピッチの変更やパターンの修正が行われる。

マーキング

マーキングとは型紙を生地に配置する作業。

marking

CAD – CAM システムを使用しない手裁断の場合は、生地を型紙に沿って裁断していく。

cad marking

CADを使用しているとピースが自動的に配置されるが、格子柄など柄合わせが必要な生地は、条件設定や主ピースのみ手動での配置が必要になる。

原反を使用する場合は可能な限り要尺を抑えることがコストカットになるため、現場ではマーカー(マーキングを行う人)が手動で再配置することが多い。

CAD – CAM システム

パターンのグレーディングからマーキング、裁断までを一貫して処理できる CAD – CAM(キャド・キャム) が日本のアパレルに初めて導入されたのは1975年。
国産のアパレルCADは東レ・AGMS・島精機、海外では米国 ガーバーテクノロジーと仏国 レクトラ などがメジャーで、1980年代後半から90年代にかけて国内のアパレルメーカーで急速に普及していく。

一方、当時の国内のアパレル生産は「裁断屋」「プレス屋」など、一部の工程を専門に行う弱小の下請け工場によって分業化されていたため、高額な自動裁断機「CAM」を導入するところが限られており、CADのような急激な伸び率は見られない(ア パ レル 生 産 に お け るCAD-CAMの 動 向)が、縫製工場のCAD-CAMシステム導入や海外生産への移行により、弱小の下請け工場は廃業に追い込まれることになる。

スーツに限らず洋服づくりで最も手間なのが「裁断」で、既製服の場合は生地を重ねて同一パーツを一気に裁断するのだが、生地を重ねる「延反機」や自動裁断機「CAM」が導入される前は、すべて手作業で行われていたものが、CAD-CAMシステムと延反機の登場で生産効率が画期的に向上する。

CAD

CAD (Computer Aided Design)は設計を行うアプリケーションで、アパレルだけでなく、土木・建築・機械・電気など 様々な分野で使用されており、アパレルCADの場合は主に型紙の作成やマーキングで使用されている。

pcam multi L

CAM(Computer Aided Manufacturing)はCADで作成されたデータを出力するためのプログラムとハードウェアで、アパレルの場合はマーキングされたデータに基づいて生地の裁断を実行する。

CADと同様にCAMもアパレルだけではなく、木材・鋼材・皮革など多様なモデルがある。
また、CADのパターンデータを型紙としてカットした状態で紙に出力するデバイスとしてカッティングプロッタがある。

縫製

既製服だけでなくイージーオーダーもパターンオーダーも、縫製工場は国内と海外があり、コスト面から既製服はほとんどが海外縫製だが、イージーオーダーやパターンオーダーは国内工場を使用しているところも多い。

縫製工場ではグレーディングされたCADデータを使用してサイズを入力、マーキングを行い、既製服のように同一パーツを量産する場合は延反機で生地を重ねた後、CAMで自動裁断を行い、裁断された各ピースを流れ作業で縫製していく。

Factory

イージーオーダー( EO )やパターンオーダー( PO )の場合、縫製工場のオペレーターが採寸データを入力し、採寸データを元にマーキングが行われ、CAMでの自動裁断から縫製は既製服と同じ。

工場での縫製はハンドメイド(手縫い)に対してミシンを使用するのでマシンメイドと呼ばれているが、オートメーションで仕上がるわけではなく、すべて人の手で作られている。


関連記事

採寸とサイズのバランス

既製品であれば半年も販売していれば、客の体型を見ただけでおおよそのサイズがわかるようになる。 既製服の場合は その場で現物を着用してサイズを確認し、寸法直しは股下のほかは、ウエストと袖丈くらいなので、客のヌード寸法(身体 […]

サイズとフィッティング

スーツのサイズは靴ほどシビアではないものの、やはり「合うサイズ」というものには個人差がある。 オーダースーツを仕立てる際、仮縫いがあったり、見本服を着用するのは、客観的に数値化されない「客の感覚」という相対的品質を可視化 […]

体型と号数

スーツだけでなく既製服のサイズには体型と号数があり、体型はJ体~E体で横幅、号数は2号~7号で身長を表している。 レディースの採寸でヌード寸法から適切なサイズの見本服を着せ付けすると、「私はいつも◯◯号ですけどっ!」と、 […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
概要
MEN'S SUITS GUIDE
タイトルとURLをコピーしました